総量規制対象外のカードローンのおススメ

お金が突然必要となることは誰にでもあることです。そんな時、周囲にお金を貸してくれるという人が居れば良いのですが、お金のことは非常にデリケートな問題であるため、相談しにくいと感じている人も多いようです。配偶者にも相談することが出来ないと悩んでいる人も少なくはありません。そこで、消費者金融や銀行からお金を借りるという方法があります。消費者金融の多くは申込条件として安定した収入があるということが求められます。また、総量規制の対象となっていますので、年収の3分の1以上の融資を受けることは出来ません。つまり、自身に収入がない専業主婦の場合には、申し込み条件を満たしていないということになります。そこで、おすすめなのが総量規制外です。総量規制対象外ですので、申込者本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があるという場合には、融資を受けることが出来ます。中には、専業主婦を対象としたカードローンもあるほどです。自身に収入が無いということもあり、融資額はそれほど高額ではありませんが、よほどの事情がなければ十分足りる金額ということが出来ます。また、利用するにあたって、配偶者の収入証明書を用意しなくてはならないということも少ないので、誰にも知られることなく、お金を借りることも出来ます。申し込みもインターネットを利用して行うことが出来ますので、自宅や外出先で気軽に申し込みをすることが出来るというメリットもあります。

全身脱毛の副作用ってなに?

体毛の無いツルツルとした肌にすることができる全身脱毛には、皮膚の赤みやかゆみ、かぶれが生じたり、毛嚢炎の状態になるといった副作用があります。

全身脱毛は、エステサロンであれば専用のフラッシュ脱毛器を、美容外科であればレーザー照射装置を用いて行われます。フラッシュ脱毛器やレーザー照射装置をつかって体毛に向かって光を照射すると、光が吸収されて熱へと変換されます。この熱が毛根部に達すると、毛母細胞などの組織が損傷して体毛の成長が止まり、やがて生えている体毛は脱落していきます。全身脱毛の施術直後に処理された部分に赤みやかゆみが生じるのはこのためで、熱を持った皮膚を元の状態に戻すために、エステサロンや美容外科では施術後に念入りにアフターケアがおこなわれます。

全身脱毛を受けることによる副作用は軽いものであれば数日程度で元の肌の状態に戻りますが、エステサロンや美容外科の外でもきちんとケアをしていかなければ、施術直後より皮膚の状態がひどくなり、場合によっては毛嚢炎を発症します。毛嚢炎も軽度であれば数日放置すれば炎症がおさまっていきますが、重度になると抗生物質を投与したり、患部の切開が必要となります。

全身脱毛では、施術後のケアを怠って肌のコンディションが悪化すると、エステサロンや美容外科に通う期間が予定より長びく可能性があるので、冷却と保湿、紫外線対策などといったアフターケアは施術を受ける度に欠かさずに行うようにしましょう。
全身脱毛のおすすめサロン選び【人気サロンの総額比較】はこちら

利用手数料がかからないATM

借入時にATMを利用できるカードローンはやはり便利ですね。ATMでサッと借りることができると、安心感も違います。出先などでピンチにすぐに対応できることから、お財布にいつもカードを入れておくという方も多いでしょう。もちろん、その利用方法はカードローンの特徴を生かしているものですが、ついつい何度も借りているということはないでしょうか?

銀行の口座と同じ感覚で、何度か借入していると借入残高がいつの間にか大きくなっていたということもありますし、またATMの利用手数料が大きな金額になっていたということもあります。利用金額に応じて、ATMで借入した場合に手数料がかかってしまうローンでは、借り入れをするたびに支払うことになります。

108円、216円とその1回の手数料はあまり気にならないものでも、週末ごとにキャッシングしていれば大きな金額となってしまうでしょう。かといって、まとめて大きな金額を借りてしまうと、その分利息がかかりますので、もったいないということになります。

何度も借入を行うという利用方法を予定しているのなら、ぜひ利用手数料のかからないATMがあるカードローンを選びましょう。プロミスなどの大手サラ金では、直営のATMを全国に設置していることも多く、直営ATMならもちろん手数料もかかりません。また、コンビニなどの提携ATMでは、通常手数料が必要になることもあります。これも、例えばプロミスなら利用に応じたポイントを貯めることができ、そのポイントを使って1か月間の提携ATM利用手数料にすることなどもできるのです。こういったサービスがあるカードローンを選んでおくのも、こまめな借入を予定している方にはおすすめです。

銀行カードローンでは提携ATMであっても利用手数料がかからないものが多いのですが、中には時間帯や設置場所などによって違いが見つかることもあります。また、利用手数料なしで借入や返済ができる回数に制限があるカードローンもありますので、申し込み前に確認が必要です。限度額までは何度でも借入できるというカードローンの利点を最大限に生かす利用をしたい方は、ATM利用手数料には注意が必要でしょう。
サラ金の金利比較|即日融資も可能なおすすめ大手サラ金はこちら

ローンのある家を売るコツ

ローンのある家を売ることができるかどうかの1つの分かれ道は、不動産の価値がローンの残高よりも上回っているか、下回っているかというポイントにあります。つまりは、不動産を売却することで借金を完済することができるかどうかということです。借金を完済することができなければ、抵当権をはずせませんので、そのままでは家を売ることが難しくなります。

不動産が担保割れを起こさないようにするためには、そもそも無理のある住宅ローンを組まないということが重要です。余裕のある返済プランを立てて、頭金を最低でも1割、理想を言えば2割は用意しておくのがよいでしょう。頭金を十分に用意できなかったとしても、その後に積極的に繰り上げ返済をしていけば、担保割れを起こすリスクを下げることができます。

住宅ローンでは、最初の10年くらいは利息の返済負担が大きく、元本がなかなか減らないという状況が続きますが、その間には不動産の価値の減少スピードのほうが借金の減少スピードを上回ってしまい、担保割れを起こす可能性が高くなります。家を売るタイミングも重要であり、購入してから5年程度しか経過していない家を売る場合には、通常の売却方法がとれないことも多いようです。

任意売却という方法なら、債権者の同意を得て抵当権をはずしてから任意売却物件として売りに出すことができるので、担保割れを起こしている家でも売ることができます。しかし、一定のデメリットがあるので、よく考えて行う必要があります。
家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】はこちら