生命保険を担保にお金を借りるには

あまり知られていないことですが、生命保険を担保にお金を借りる方法があるのです。
やむを得ず、現金が必要になったとき、金融会社から借金することがまず頭に浮かんできます。
しかし、生命保険を担保にして借入をする道が開かれているのです。
契約者貸付制度と呼ばれています。

その仕組は、保険契約を解約した場合、解約金を受け取ることができます。
その解約金に対して、一定の割合でもって借入を受けることができるのです。
解約返戻金が担保となります。
ですから、掛け捨てタイプの保険では解約金が発生しませんので、契約者貸付制度を使うことができません。

もし、銀行や消費者金融などから融資を受けるとなると、最初の段階から契約をしなければなりません。
煩雑な手間や長い時間がかかります。
しかし、いま契約している保険であれば、解約返戻金を担保に設定して、現金を借りることが可能となるのです。
一から契約するよりは、はるかに簡便です。

さて、生命保険の契約者貸付制度では金利がどれぐらいかかるのでしょうか。
一般的なカードローンとの比較においては、生命保険の契約者貸付制度のほうがかなり金利が低い傾向が見られます。
金利が発生するのは避けられないことですが、少しでも金利が安いと返済が楽になります。
金利負担の点でも、契約者貸付制度には非常に大きなメリットがあると言えます。

また、生命保険の契約者貸付制度の限度額は、保険会社や保険の種類によって異なっていますが、解約返戻金額の70~90%以内が限度額とされているところが一般的です。
どれぐらいのお金が必要なのか、そして、それは、生命保険契約者貸付制度の限度額内で充足できるのか、事前にチェックをしておくことが大切です。